×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社会人になると、お礼の手紙を出す機会は増えてくるものです。

社会人になると、冠婚葬祭などに出席することが多くなります。そして、いろいろな場面でお礼の手紙を書く機会が増えると思います。
学生時代なら、友人同士の年賀状のように、友達同士の言葉遣いで良かったのですが、社会人になってくるとそれなりにきちんとした文章が求められる場合が多いです。
本を購入して、例文通りに書くことがおすすめです。
しかしその例文も、インターネットで検索してみると簡単に調べることができるようですね。便利な時代になったものです。
ただ、私の個人的な意見になりますが、インターネットを利用してのホームページやブログに掲載されている文章は、本当の作家さんが作成した文章とは限らないということです。素人さんの文章かもしれません。引用することは構わないのですが、気を付けなければいけないことはあると思います。
それは、インターネット上にある情報は、紙媒体よりも信ぴょう性が低いということです。ネット上にある情報をうのみにしていいのか?ということです。
しかし、達筆じゃなくて、とにかく文章を書けないというかたも多数いらっしゃることと思いますので、時代の流れに乗ってインターネットを利用することも一つの手でしょう。
信ぴょう性のありそうなサイトなら大丈夫そうですね。やはり、新しいものはどんどん利用すべきかもしれません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ちょっと心のこもったお礼の文章

私は社会人になってから、友人に出産祝い金を渡したことがあります。その時のお礼は口頭によるものでした。
まあ、金額は3千円と大した額ではなかったので、今思うとお礼の手紙をもらうということは想定していませんでした。
考えてみると、近所に住んでいる同い年の友人なので、手紙という堅苦しい形式を嫌ったのかもしれませんね。人に手紙を書くということはよほどの気持ちがないとできませんから、例文でも用意されていない限り難しいと考える人もいらっしゃることでしょう。
社会人となると、しっかりした文章が求められる場面はたくさんあると思います。常識を疑われますので・・・
しかし、何かしらのお礼の気持ちがあるのであれば、メールなどでちょっとしたお礼の文章を作成するのはアリだと個人的には思います。手紙ならなおさら良しです。
心がこもっていれば、必ずしも例文通りじゃなくても良いですから、常識を踏まえた文章のお礼の手紙は人の心をとらえるものだと思います。
やはり、お礼の手紙というのはお薦めですね。私もいつか上手な手紙を書けるようになりたいです。

手紙という、心のこもったお礼の形式

手紙の書き方の例文や文例を紹介しているウェブサイトは多数存在するようですね。私は、お礼の文書・手紙などを書く場合はおそらく本を参考にするだろうと思いますが、プロのライターさんが作成しているそれなりのウェブサイトであればつい例文を引用したくなります。本を出版するというのは大変なことです。また、それなりに達筆であるかたはネットの世界でも多数いらっしゃると思います。
やはり、お礼の手紙を書くにあたっては、少しでも良いものを書こうと思うのなら、少しでも多くの例文・文章に出会うことが必要です。
そういうことであれば、書店で本を探すよりも、やはりインターネットを利用してパソコンで調べたほうが有利ということになります。
個人が作成しているウェブサイトに関しては疑問符がともるものもあるかもしれませんが、それなりにきちんとしたページならおすすめです。そして、決して全部を引用しないことだと思います。
当事者同士にちょっとあった、個人的な事情などを文面に入れることができれば、素晴らしいお礼の手紙ができることうけあいだと思います。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 お礼の手紙の例文情報